手数料0円で会社設立


合同会社(LLC)の設立費用がお得になる3つの理由

「最も安く合同会社を設立する方法」をお探しでしょうか?
合同会社をご自分で設立することも可能ですし、設立には多くの方法があります。(株式会社の設立費用はこちら→)

そこで、

・自分で会社設立した場合
・司法書士事務所などの他社で設立した場合
・当社で会社設立した場合

の会社設立関連費用を較べてみましょう。

【その1】会社設立費用の合計

 自分で設立他社で設立当社で設立
定款認証印紙40,000円0円0円
登録免許税60,000円60,000円60,000円
電子認証手数料0円10,000円~0円
司法書士手数料0円10,000円~0円
会社設立手数料0円30,000円~0円
会社設立関連費用(合計)100,000円110,000円~60,000円

自分で設立する場合は定款認証印紙費用がかかってしまいますが、当社では電子認証に対応していますので、4万円安く設立することができます。税金6万円のみで設立でき、出資金は1円からでも可能ですので、コスト重視の方に選ばれることが増えてきました。

【その2】設立手数料+各種設立届出

次に、会社を設立した際には税務署・都道府県・市区町村などに法人設立に関する届け出を提出しなければなりません。これは合同会社も株式会社も変わりません。

会社設立のご準備でお忙しい中、これらの不慣れな書類作成は大きな負担になってしまいます。
当社ではこれらの各種設立届出の作成をキャンペーン中につき無料でさせていただいております。

通常価格キャンペーン価格
会社設立手数料30,000円0円
各種設立届出作成30,000円0円
合計60,000円0円

※税務関係の届出書は関連法人の税理士法人西川オフィス神戸が行います。


【その3】税理士顧問サービス

合同会社でも決算申告は必要です。
創業の準備でも充分にお忙しいとは思いますが、会社の業務をスタートさせてしまえば、さらに多忙な毎日が待っています。
創業段階から信頼できる税理士のサポートがあれば、業務拡大の際の借り入れや、税金対策、決算がスムーズにすすみます。

関連税理士法人の西川オフィス神戸では、従来分かりづらかった税理士顧問サービスを、兵庫県の新設会社様限定で決算費用込みの分かりやすいプランにてご提供しております。

 格安プランおまかせプラン訪問プラン
内容貴社にて会計ソフトへ記帳をしていただき、決算期に弊社でデータをお預かり、訂正して申告書を作成するプランです。レシート・領収書を毎月ご送付ください。弊社にて会計ソフトへ記帳いたします。決算期には申告書を作成いたします。記帳代行に加え、年3回程度貴社へご訪問。四半期ごとの業績を確認しながら、戦略的に業務をすすめることができます。
費用月額 10,000円(税別)月額 25,000円(税別)月額 40,000円(税別)
電話・
メール相談
※1
決算申告
記帳代行※2※2
ご訪問

※1 お客様での記帳が難しい場合や、ご相談が極端に多い場合は、半年経過後から別途有料(月額5,000円)になる場合がございます。

※2 お客様が現金出納帳・預金出納帳をエクセルへご入力いただける場合は 月額5,000円割引させていただきます。

※関連法人の税理士法人西川オフィス神戸とのご契約となります。


自分で合同会社を設立した後、税理士と契約した場合の年間費用の違いは?

自分で合同会社を設立してから、設立届出を専門家に依頼し、他の税理士と契約を結んだ場合と比較してみましょう。

※当社の格安プランをお選びいただき、他の税理士については安価とされる月額2万円+決算15万円(年間39万円)で計算

 自分で設立後・税理士と別途契約当社で設立・税理士顧問契約
会社設立関連費用100,000円60,000円
各種設立届出60,000円0円
税理士顧問料(年間)390,000円120,000円
初年度合計550,000円
180,000円

37万円もお得に!

初年度でこれだけの大きな差が出てしまいます。
大幅に割引された設立価格を見て顧問契約を結んだ結果、多額の年間費用がかかってしまった、というケースが多いのが実情です。
そこで当社では、税理士顧問費用を含めた年間コストでの比較をおすすめしております。
お得になった分は、事業へ投資することができ、安心して経営へのぞむことができます。
会社設立は計画的に、1年後の目標数値を明確にすることが大切です。
まずは数字の専門家である税理士にご相談ください。
初回相談は無料で会社設立に関するご質問・ご相談を受け付けております。